2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

トップページ | 2006年6月 »

認められる時、認められる場所

昨日、息子を山留先に送り届けた時、とても嬉しい事がありました。

F先生が、息子の字を褒めて下さったのです。先生は真顔で「山留生の中で一番字が上手だけれど、お習字を習ったとか、どこか書き方教室に通ったのですか?」と尋ねられました。

息子の山留先では、今年12名(男女半々)の子供たちが一緒に生活しています。息子は小3で、小2の女の子が一人、後は皆年上です。そんな中で、字が上手だと褒められるとは思ってもいない事でした。

それどころか、山留前、毎日漢字練習を続けても、一昨日練習したばかりの字を間違えたり、違う字を書いたり、私の中で息子は落第生でした。

私も主人も、小学校低学年であまり勉強した記憶はありませんでしたが、成績はそこそこでした。

なので、息子が入学する時、ゆとり教育を謳っている今の小学校なら、低学年のうちは家でそれほど熱心に勉強を見る必要はないんじゃないかと思っていました。

ところが、あれれ・・・何か変だぞ・・・・・と思い始めたのが小1の2学期頃からでしょうか。返ってくる漢字テストを見ると、びっくりするような字ばかり。。。

そもそも漢字を書いていない時も???

「この字はどうして書いていないの?」と問いただしても、「習ってない。」(そんな事ないだろぅ!!)とか「忘れた。」とか。。。

これはヤバイ と気づいた時には、本当にヤバかった(笑)。

そもそも、宿題もめったに出ない息子に、漢字テストの復習をさせるのも一苦労。漢字を一文字書いただけで、ブツブツ。一行書くと、喉が渇いただの、やれ手が痛いだの。。。

10問のテスト一枚の復習(しかも一年生)に、何時間もかかるしまつでした。

見たいアニメの時間までに終わらなくて、激怒して泣きながら殴りかかられた時もありました。書取りを何行するかで、お互い譲らず、入浴時間が無くなってしまった事もありました。

書き順をチェックする私を遮るように体を曲げる息子、それでも覗き込む私。口論が絶えない日が続きました。

2年生になる頃、ようやく日々の漢字練習(他に算数のドリル等)が定着してきましたが、それでもなかなか綺麗な字は書けませんでした。ひどい点数を取る事は少なくなりましたが、それでも、あれだけ練習したのに・・・と思う字が×の時も多くて、練習したのにテストで間違えては意味がないだろうと何回も息子に説教しました。

とめる、はらう、のばすetcがしっかり出来ないので、漢字辞書を買い、お手本を置いて書くようにもしました。

二年生も後半になると、難しい字が出てくるようになってきました。そうなると一応合っている字でも×がついてくる事がありました。そんなテストを見て私も途方に暮れる事がありました。多分バランスが悪くて×だったのだろうという事は分かります。けれど、息子も一生懸命書いた字です。

せめて、どこが×だったのか、のばし方がたりなかったのか、きちんとはらっていないのか、×の理由かお手本を書いて欲しいと切実に思いましたが、一クラス40名では、それもなかなか難しい事なのかもしれません。お習字を習っている子等は、もっと綺麗な字を書くのだろうと思っていました。

そんな、落第生気分の親子だったので、字が綺麗ですね!! と褒められるなんて思いもしない事でした。

今までの苦労が報われたような、あんなにもイライラした気持ちで漢字テストの答案用紙を見ていた事がなんだかとても可笑しい事だったような。。。

息子はどう思っているのか分かりませんが、地元の小学校では褒められなかった事が、山留先で認められた事に、私は大きな喜びを感じて、一人にんまりしています(エヘヘ~)。

奪ったもの・・・

奪ったもの。。。

山村留学を決めた理由の一つに、息子が今居る環境では奪えないだろう幾つかのものを止めてほしかったというのがあります。ゲームやテレビのアニメ番組。。。

今日は、息子が山留先に帰る日ですが、なんと地元の小学校で雨で順延続きの運動会が開催される日でもありました。時間はあまりありませんでしたが、息子と二人連れ立って出かけてみました。

地元の小学校は、全校生徒1200名に近い文字通りの超大規模校。昨年から、運動会は紅白ではなく、4組の色分け対抗戦になりました。なので、お友達も4箇所に分散されていて、なかなか見つからない子もいて、あまり時間が無い私は少しやきもきしながら、うろうろしていました。

息子には幸い、何人か入学当初からずっと同じクラスで、とても仲良しの子がいるのですが、その中の一人で是非会いたいと思っているI君が見つかりません。。。探していると、3年生の徒競走がそろそろだと顔馴染みのお母さんが教えてくれました。入場門近くに集合した子供達の中なら、きっと見つかるだろうと行ってみました。

予想通りI君を見つける事が出来たのですが、I君が息子を見た時。

最初とても驚いた表情を見せたI君は、しかし他の子のように笑顔を見せてはくれませんでした。

驚いた後、少し困惑したような、怒ったような、でも悲しそうでもある表情をして、口を真一文字にギュと結ぶと目をそらせてしまいました。

I君は、私の中では、時に喧嘩もするけど一番安心して遊ばせられる親友候補No1です。

そのI君が浮かべた表情を見た時、私は心の中で「ごめんね。」と呟きました。

山村留学した息子は、今沢山の良くないものを断ち切って生活していますが、良いものも地元に置いたままにしています。

そして、息子の友達も息子という仲良しの友達を奪われました。

I君は、帰ってきたのに連絡しなかった息子を怒っていたのかもしれません。突然現れたけれども、遊べないことを悲しんでくれていたのかもしれません。きっと色々な感情が混ざり合っていたのだと思います。

そんなI君を見て、けれどもどうする事も出来ずに運動会を後にしました。

息子にI君に手紙を書くようにと言うと、息子は「うん。」とだけ答えました。

この一年間が、息子とI君の間でブランクになる事無く、更に仲良しの親友になってくれる事を願っています。

そう簡単にはいかないよねぇ~

昨日、山留先に迎えにいった際、以前の約束通り、ゲーム機とマンガを持参していました。車が出発すると早速マンガを取り出して読み始めた息子ですが、ゲーム機に目もくれなかったので、山留の成果が早くも出始めたかもと喜んでいたのですが、5時半に起きた息子に起こされた理由は、「ゲーム機どこ・・・?」

ゲームをしなかったのは、単に、リュックの中でゲーム機が見つからなかっただけ。。。

とんだぬか喜びだったようです(トホホ)。

一時帰宅

今日は山村留学中の息子が眼科通院の必要があったので、一時帰宅のために主人と一緒に犬を連れてお迎えに行ってきました。

GW中にも山留先で一緒に村内ハイキング等を楽しみましたが、親子水入らずは約二ヶ月ぶり。とても懐かしく、なんだかちょっとウキウキしながらのドライブでした。

山留先センターへのお迎え時には、他の子供への影響(息子だけ一時帰宅するので、他の子供達への配慮から)を考えて、私1人で伺ったのですが、予想に反して子供達は元気よく挨拶してくれて話しかけてもくれて、F先生(山留先のリーダー)からお茶も勧められ、結局主人共々30分余りも和やかな時間を過ごしてきました。 

先週行われたばかりのマラソン大会の話題や近況等、山留中の子供達が時に会話に加わりながら、楽しくお話を聞けて、なんだか思いがけないご馳走にありつけたような気分でした。

浅黒く日焼けした息子と久々に3人(と一匹)で車に乗り込み、取り留めのない話をしながら帰ってきましたが、話し方も随分しっかりしてきたし、野球など山留前には興味を示さなかった話題が増えて、密かに息子の成長を喜びながらの帰宅になりました。

一人っ子の息子にとって近い年齢の子供達と兄弟のように過ごす事は、思っていた以上に良い影響を与えているようです。

山留先でF先生とお話していてマラソン大会の話題になった時、6年生で山留初めてのM君が近くに居ました。少し前に届いたセンター便りの中で、大会での好成績目指して朝練に励んでいると書いてあったので、成績を聞くと少し沈んだ表情で言葉を濁してしまいました。F先生も、緊張して実力が発揮できなかったようだとの話。

表情を曇らせたM君を見て、もしもう一年山留を続けられれば、不本意だという気持ちを引きずる事無く終園できたのでは? と思いました。山留は2年居ると良いという話を度々聞くのですが、その意味が少し分かったような気がしました。

今回息子を迎えに行く際、「Team Sherpa」というお店に寄りました(ご存知の方もいるでしょうがシェルパー斉藤さんという犬連れであちこち旅をしている人の奥様がやっています)。 

確証はなかったものの犬連れで食事が出来るだろうと思って立ち寄ったのですが、よそお通り、外のデッキでワンコと一緒にカレーと珈琲を頂いてきました。

ポット出しという珈琲は美味しかったし、カレーも悪くはなかったのですが、ベジタブルカレーでお肉が入っていなかったので、腹持ちがいまいちかも(笑)。

レッドシダーで作ったというデッキが良い匂いで、気持ちのよいランチでした。

ランチ後ヴィヴィが遊べそうな場所を探したのですが、「Team Sherpa」は思っていたより高速に近くて難しそう。思案の結果、清泉寮の遊歩道をお散歩させようと川俣渓谷に行きました。

勾配は少し急ですが、清泉寮から40分程で渓谷まで往復できます。遊歩道を降りきった渓谷は、小さな滝もある気持ちの良い場所で、ヴィヴィも大喜びでした。

Img_1705

OFAの検査結果

以前受けたドックドック(血液検査)とOFAの検査結果を聞きに行ってきました。

緊急以外は院長先生に診てもらうと決めているので、

院長先生が診察されている時間を確かめて、空いている夜に行きました。

Img_1702 

ドックドック(血液検査)は特に問題なしでホッ。

股関節の検査結果は少し疑問でした。

希望はOFAの検査だったのに、先生から渡された紙には何処にも「OFA」

という文字がありません。

しかも「PennHIP」なんて知らない言葉が・・・

更に評価がgoodとかじゃなく、0.57とか0.52で何だろうと。

先生からの説明で、結果は丁度ゴールデンの平均値くらいだから良くも悪くもないでしょうという事で一安心でしたし、ペンシルバニア大の統計だとこうですと分厚い本を持ってきて下さって説明してくれたので、結果自体は良いと思いつつも、「PennHIP」って何というのは依然疑問のまま。

帰宅後、ネットで調べてみると、「PennHIP」はペンシルバニア大で開発された股関節の検査方法で、OFAの検査より若い犬の診断が可能な方法だとか。

全ての項目について説明があったわけでなないので、Webで調べてみると杉並犬猫病院のページ に分かりやすい説明が載ってました。

とりあえず、健康体ってことです。

ヴィヴィアン、成長期から成犬へのカロリーコントロールが上手くいかず、

一時期かなり太り過ぎになったので、ダイエットしたら今度はみるみる痩せてしまって。

フード量の調整、もう少しだけ試行錯誤に付き合ってね ヴィヴィ!!

はじめまして

ふと思い立って徒然なるままにブログを始めました。

2歳になるメスのゴールデン・レトリーバー(ヴィヴィアン)と、
8歳になる息子、主人と暮らしています。

色々思うところがあり、子供を一年間山村留学なるものに行かせました。
山留中のあれこれ、ワンコのあれこれ、その他思いつくものを書き留めていこうと思います。

Img_1556_1

今日は、お天気が崩れ3時過ぎから雲行きが怪しくなったので、

降り出す前にお散歩と急いで連れ出したのですが、目の前の並木でトイレした途端、

「ゴロゴロゴロ・・・」 と嫌な音が。 

その途端、途中でオシッコ止めて一目散に逃げ帰ろうとするビビリのヴィヴィアンです。

ちょっとだけでも歩こうとしたのに、笑っちゃうぐらい尻尾入って、

仕方ないので家に帰ってきました。

トップページ | 2006年6月 »