2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« そう簡単にはいかないよねぇ~ | トップページ | 認められる時、認められる場所 »

奪ったもの・・・

奪ったもの。。。

山村留学を決めた理由の一つに、息子が今居る環境では奪えないだろう幾つかのものを止めてほしかったというのがあります。ゲームやテレビのアニメ番組。。。

今日は、息子が山留先に帰る日ですが、なんと地元の小学校で雨で順延続きの運動会が開催される日でもありました。時間はあまりありませんでしたが、息子と二人連れ立って出かけてみました。

地元の小学校は、全校生徒1200名に近い文字通りの超大規模校。昨年から、運動会は紅白ではなく、4組の色分け対抗戦になりました。なので、お友達も4箇所に分散されていて、なかなか見つからない子もいて、あまり時間が無い私は少しやきもきしながら、うろうろしていました。

息子には幸い、何人か入学当初からずっと同じクラスで、とても仲良しの子がいるのですが、その中の一人で是非会いたいと思っているI君が見つかりません。。。探していると、3年生の徒競走がそろそろだと顔馴染みのお母さんが教えてくれました。入場門近くに集合した子供達の中なら、きっと見つかるだろうと行ってみました。

予想通りI君を見つける事が出来たのですが、I君が息子を見た時。

最初とても驚いた表情を見せたI君は、しかし他の子のように笑顔を見せてはくれませんでした。

驚いた後、少し困惑したような、怒ったような、でも悲しそうでもある表情をして、口を真一文字にギュと結ぶと目をそらせてしまいました。

I君は、私の中では、時に喧嘩もするけど一番安心して遊ばせられる親友候補No1です。

そのI君が浮かべた表情を見た時、私は心の中で「ごめんね。」と呟きました。

山村留学した息子は、今沢山の良くないものを断ち切って生活していますが、良いものも地元に置いたままにしています。

そして、息子の友達も息子という仲良しの友達を奪われました。

I君は、帰ってきたのに連絡しなかった息子を怒っていたのかもしれません。突然現れたけれども、遊べないことを悲しんでくれていたのかもしれません。きっと色々な感情が混ざり合っていたのだと思います。

そんなI君を見て、けれどもどうする事も出来ずに運動会を後にしました。

息子にI君に手紙を書くようにと言うと、息子は「うん。」とだけ答えました。

この一年間が、息子とI君の間でブランクになる事無く、更に仲良しの親友になってくれる事を願っています。

« そう簡単にはいかないよねぇ~ | トップページ | 認められる時、認められる場所 »

山村留学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179300/10417076

この記事へのトラックバック一覧です: 奪ったもの・・・:

« そう簡単にはいかないよねぇ~ | トップページ | 認められる時、認められる場所 »