2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 親子レク | トップページ | とんだお土産 »

会わずに帰って下さいねと言われたものの

前日、懇親会は予想より随分早く(7時頃)お開きになったんだけど、その後(山留生父母との語らい)が長~くて、寝たのは深夜2時過ぎ。。。

ホントはゆっくりしたいのに、そうはいかないのが辛いところ。

朝6時過ぎには、掃除機の音で起きてしまった(アア 眠い goo・・・)

昨日、F指導員から、「今日子供達が里親先から帰ってくる前(9時半)にお帰り下さい。」と言われていたので、寂しいなぁと思いつつ、ボケた頭でテントを撤収し、朝食を食べて出発準備。9時半までにと言われていたので、9時発と思っていたところ。。。

9時前だというのに、既に子供達はセンターに向かっているとの事。

慌てて荷造りしたけど、やっぱり間に合いませんでした。

車で出発しようとした時、同じ里親先の6年生のM君が大きなリックをゆさゆささせながら、命坂(センター前の急坂)を駆け上がってくる。私達を見つけると「帰っちゃだめだ。Jが寂しくて、会いたがってるよ!!」と。

教えてくれたM君の優しさは嬉しかったけれど、でもね、会うなって言われてるし。。。

センター前は、途中から一本道。そこで会えば話をするし、会えなければ会うなという事だと思いつつ、車を出すと、程なく山留生の一団が。。。

息子も、同じ里親先のTちゃんも居ました。Tちゃんは流石女の子。会うなり、息子が昨日親子レクから帰ってきて、寂しくてコタツに入って泣いてた事をすかさず教えてくれましたぁ。

息子に呼びかけると、随分とぶっきら棒に「なんだよ!!」

元気でねとか、ロッカー片付けなさいとか(とっても散らかっててねぇ)声をかけても、目も合わさずにスタスタと坂道を登っていきました。

ちょっぴりへそ曲がりで、でも照れ屋な息子は、昨日みたいに泣くもんか と頑張っていたのでしょう。

山留生活は、それなりに楽しいのでしょうが、それでも、父と母が揃って家に帰っていくのを見送るのは、子供には随分寂しい事でしょう。

その時になって、F指導員が会わずに帰るようにと言った意味がしみじみと分かりました。

Img_1843

帰りがけに立ち寄った、「長者の森」という屋外施設です。ここには巨大迷路やご覧の滑り台の他、釣堀、オートキャンプ場等があります。一度はここで泊まってみたいのですが、キャンプ場が犬禁なのです(シクシク)。

Img_1845

観光名所の「三滝」まで近くの駐車場に車を停めてプチハイキング。写真は「大禅の滝」。

新緑が気持良く森林浴でリフレッシュ!!と思ったら、主人はなんだかバテちゃったようです(大した距離じゃなかったのにねぇ)。

Img_1844

周りと見事に同化していて初めは気づかなかった立派な蛙!!

ヴィヴィは全然気づいてなかったけど、ものすご~く巨大で、ぴょんとか飛ばれたらドウシヨウと早々に退散しちゃいました(笑)。

« 親子レク | トップページ | とんだお土産 »

山村留学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179300/11025968

この記事へのトラックバック一覧です: 会わずに帰って下さいねと言われたものの :

« 親子レク | トップページ | とんだお土産 »