2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 去勢手術終了 | トップページ | たのむから 持ち堪えてぇ~ »

右目の黒い点

060901 今日の一枚
先日(6/2)も載せたが 別の一枚 目の中にほくろのような黒い点が

**********
実は、目の中のこの点を見つけた時、凄~く嫌な予感がした・・・
書くと それが本当の事になってしまいそうで
診察してもらわないうちに、素人が・・・と思って黙っていたのだが。

右目のこの黒い点を見つけた時、「メラノーマ」だ! と思った。
そして、ここからは あぁ 勘違いなのだが・・・悪性の腫瘍だとばかり・・・(苦笑)

もちろん、その日のうちに簡単に調べて、悪性ばかりではない事までは分かった。
けれど、やはり心配で・・・
去勢手術の日も、病院に行く前にパソコンにかじりついて調べてしまった。
この月齢での悪性の発症例は調べた限りだと無かったので
大丈夫!
と思いつつも、質問事項を考え・・・ 
もしかしたら手術をしないかもしれないという覚悟も決め・・・
もしも・・・の時も漠然と考えながら 
病院へ行った(今にして思えばなんて大袈裟な・・・という内容だけれど)。
本当は手術前の診察ではっきりさせたかったのだが、動き回って確認出来なかったので、麻酔をかけてから診察するという話で帰ってきた。

手術が終わったとの連絡を受けて、夕方お迎えに行って確認してみると・・・
麻酔時に確認出来なかった との事。
これには内心ムムム!!!
ただ、先生の話がメラノーマを疑っている内容で、私が調べた事と一致していたので(若年での悪性の発症例はない)、術後検診の際にというのを一応納得して帰ってきた。

今日、経過観察のための通院でやっと確認してもらえた。
この点は、色素沈殿だろうから心配はないでしょう との話に ようやくホッとした。

もちろん、これからもチェックする必要はあるし、おかしいと思ったら、眼科がある動物病院へ行くつもりだけれど
ふぅ~ 取り合えず一安心(ホッ)


ヴィヴィアンは私が最初に飼った犬。
飼い始めて暫くして、ゴールデンは癌が多い犬種と知り、一時期パソコンで色々調べた時期があった。
その時メラノーマを知った。

そして、難病の治療方法として犬や猫でも輸血がある事も知った。
ヴィヴィが成犬になってからは、ワン友の薦めもあって 何回か供血に出かけた事がある。
犬の輸血は、まだまだポピュラーな治療方法ではないし、供血を知らない第3者に呼びかけられる方法は今のところ私も協力している「供血の輪」しかないと思う。
そして、そこまで辿り着いた飼い主さん達は 本当に熱心に そしてアクティブに行動されている方が多くて、指定されて伺う病院は どこも癌とか難病治療でそれなりに評価されている病院ばかり。

ただ・・・
残念なのは、犬は本当に具合が悪くなってからは一ヶ月ほどしか時間的余裕がないという事。
予兆に気付いてからも せいぜい2~3ヶ月。
なので、今回も もしも アスランが と思うと、とても不安だった。
アスランの若さも不安だった。

目の中の黒い点 ず~と このままでありますように(祈)!


« 去勢手術終了 | トップページ | たのむから 持ち堪えてぇ~ »

」カテゴリの記事

コメント

あすらん王子の目の黒い点、何もなくて一安心ですね!
ちょっとした異常がみつかるととっても不安な気持ちになるよね!
その気持ちはよ~くわかります!
私は自分の体でもん?ちょっとおかしい。。ってなれば
速攻で病院に行くタイプなので、犬にもそうしてるのかもしれません。

犬の輸血の話、はずかしながら始めてしりました。
まだまだ表にはあまり出てないけど、真剣し活動をされてる
方たちがいらっしゃるんですね!
私も微力ではあるけど、リンクさせてもらいます!

jyuniさんへ
本当に物言わぬパートナーの異変にいかに早く気付くかは、大切なオーナーの使命ですよね。

犬の輸血 まだまだ認知度低いですよね。
私も最初、エッ? 犬って輸血出来るの? って思いましたし、ヴィヴィの最初の供血の時は、すご~く採血に時間がかかって、大丈夫? なんて病気じゃないのにヴィヴィが心配でドキドキしてました(苦笑)。
大学付属の動物病院なんかに行くと、元気な仔が珍しいので、ドクターにとっても可愛がってもらって嬉しかったりもするのですが、相手の方と待ち時間とかにお話すると、こっちまで辛くなってきて・・・
更に、供血した仔が虹の橋を渡ったという知らせを聞くと、お話しているだけに辛くて・・・
けれど、たまに輸血で助かる仔がいるんですよね! なので、犬や猫も輸血出来るし、輸血で助かる場合もある事をもっと皆が知れば、助かる仔も増えると思っています。
jyuniさんリンクしてくださってありがとうございます(まだ供血を知らない人が少しでも供血で助かる命がある事を知っていつか大きな輪になりますように)!

「供血」。。認知度が低いのですね・・
私はきっと犬や猫とず~っと暮らしていたから、いつの間にかそういう事もどこかから耳に入っていたのですね。。。

もっともっと輪が広まって、助かる子が増えるといいのですね!

メラノーマ。。病名は知っていたけど、口の中や足なんかに出来るだけだと思ってました。
でも、アスラン君大丈夫で良かった^^


Halleさんへ
供血ご存知だったんですね。
それだけでもすご~い! って尊敬しちゃいます。
ホント 供血がもっと普通の事になって、
多くの命が助かれば良いな~って思います。

メラノーマもご存知とは 御見それしました!!
目にも出来るんですよね~ そして酷くなると摘出する場合も
あるんですよね。。。
アスランの目の点も、このままだぞ~って一生懸命「念」を
送ってます~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 去勢手術終了 | トップページ | たのむから 持ち堪えてぇ~ »