2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 再び 西湖へ♪ | トップページ | 全ての持ち物には必ず記名を! »

エェェ・・・!!!

081301 何時までも おれっちを末っ子扱いしてるけど あいつより ましだと思うゾ! (西湖にて)

**********
今日は息子のキャンプ終了日、本来なら夕方東京駅までお迎えに行かなければならないのだけれど、昨年まで同じ場所で山留していたので、現地解散して暫くはお友達の家に泊まらせてもらう事になっているので、楽チン~

午前中雑用を片付け、昨日西湖ですっかり冷えて 暑いけど寒い みたいな妙な体調なので、午後からシエスタ~と思っていると電話が・・・

お昼の電話といえば・・・セールス? と思いつつ出てみると、キャンプのリーダーの方から。。。
帰宅日で 忙しいだろうに 何事? と思っていると・・・ 何と 何と
  
ドラ息子 いたいけな女の子 いきなり 階段の踊り場から突き落とした!

そうな (>_<)

電話の趣旨は、本来なら解散時に息子共々相手のお嬢さんに詫びてもらいたいけれど、現地解散なので 私から相手のご両親にお詫びの電話を入れて欲しいとの事。

電話を入れるのは もっとも・・・と直ぐに電話したら お留守。。。

 
どうしよう・・・ 何て事を! と暫くは 部屋の中を行ったり来たり!!

しかもキャンプ中大荒れだったらしい息子、そのままお友達の家にお泊りするのも気になる・・・ 突き落とし事件も心配・・・ ・・・

キャンプの子供達が現地を出発した時間を見計らい、センターに残っているだろうF先生に電話。
先ほどより詳しい話を聞いて・・・ ・・・


階段を落ちる時 一回転でんぐり返ししたらしく、目頭(目尻じゃないの?って疑問はあるけれど)に 傷とたんこぶが出来たという女の子が心配で、お詫びもしたいし直接傷も確かめたくて、解散場所の東京駅まで謝りに行く事に。

慌ててお詫びの手紙を書いたり、まぁ~たりぃ~のあっちゃんを急に暑いベランダに出したり(暑いのにごめんよ~あっちゃん)etc 大慌てで出発。

傷が大きかったらどうしよう・・・ たんこぶ大丈夫・・・ 厳しいお母さんだったらどうしよう・・・ なんて事をグルグル。。。

解散場所で待っていると 疲れた顔した地味な一団が ゾロゾロと。。。
解散の挨拶が済んで、同行したスタッフの方に 相手のお子さんを教えてもらい
お母さんがお迎えに来たタイミングで ご挨拶。。。
目頭の傷 心配した程ではなくて 一安心
相手のお母さん うちの子 元気で何時も男の子と喧嘩してるんで大丈夫ですよ。遊んでて起きた事だから気にしないで下さいね。
と仰って頂いて 本当にホッ

念のため連絡先を書いたお手紙を渡して 気持ちよくお別れさせて頂きました(感謝 感謝)。

子供達が帰った後、電話をくれたリーダーともお話。
目頭の傷も その時の傷か分からないし 元気そうだから 大丈夫でしょうとの事。
あぁ~ 良かった 良かった

それにしても・・・あの ク○○キ!! 百叩きじゃ!! って位ムラムラしてるのだけれど
連れ戻す訳にもいかず・・・ ・・・
F先生 よろしくお願い致します~~

**********
今回のキャンプ 4ヶ月前まで暮らしていた場所に送り出すのですっかり安心していたのだけれど・・・
里帰り? して、懐かしい山留生活を思い出し随分大荒れだったよう・・・
F先生には 初日から抱きついて 心のふるさとです! なんて甘えまくったらしいし・・・
山留 もう一度来たいの? と聞かれると、素直に「ウン」と答えたそうな。

けれど、それを私には言えないらしい・・・

F先生は、十年以上 山留生を預かっているベテラン
私よりも優しいし、厳しいし・・・ 子供の心をしっかり掴んで 無理強いではなく、自発的に色々な事にチャレンジさせてくださる。
そんな先生に素直に甘える息子も
荒れた息子も 気持ちは分かる

けれど、私に素直に言えないのは、子供が迷っているという事なのだろう・・・
大自然の厳しさや素晴らしさ、大勢の兄弟 川崎にはないものを与えたくて山留に出した・・・
今度行くなら期間は2年 私も寂しいし・・・息子の背中 押すことも引き止める事も出来ないなぁ 
川崎の生活か 山留か 小4の息子には厳しい選択かもしれないけれど、自分の意思で選んで欲しい

« 再び 西湖へ♪ | トップページ | 全ての持ち物には必ず記名を! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お嬢さん。。怪我が大したことなくって
何よりでした

子供と暮らしてると、時々ありますよね
忘れた頃にやってくるアクシデント^^;

リーダーから見たらいきなりでも
ヴィヴィ家の王子の言い分もあるだろうし。。
けれど、お嬢さんもご両親も良心的な方で
本当に良かった良かった・・・

いつ、どっちの立場になってもおかしくないから
ヴィヴィママさんの気持ちになって
読み進みました。。

けれど、ヴィヴィ家の王子様も
心が揺れながら成長してるんだなぁ~って
読んでて思います。
どんな答えが出るのかなぁ~

Halleさんへ
本当に 子供のトラブルって(大人もそうでしょうけど)
突然なので その都度 びっくり!
何時も どうしよう~
とオロオロしちゃいます。
今回も、もしかしたらもう二度とお会いできないかも
しれない方とのトラブルだったので、そういった意味では
解散時間まで間が無いし、知らない方だし
お会いして 傷を確認してお話するまで ドキドキでした。

加害者にも被害者にも なりたくはないけれど、
失敗しながら大きくなってく部分もあるので、難しいですよね。。。

小4はギャングエイジの始まりで難しくなる年齢です
と学校の初めての懇親会で言われましたが、
息子の場合、山留先の生活とこちらの生活の大きなギャップも
吸収しきれずに 悩んでいる部分もありそうで・・・
人生の選択 子供には荷が重いかもしれないけれど、
自分で行く先を決めてくれたら・・・と今のところ
静観している私です。 
秋になったら 何回か 話し合いが必要かなぁ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再び 西湖へ♪ | トップページ | 全ての持ち物には必ず記名を! »