2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« プレゼント♪ | トップページ | 一緒に♪ »

噛む犬

112001 山村留学先のセンターで飼われている雑種です。
先日の収穫祭の折り、人を噛みました。
大人は多分3人 子供は2人・・・
噛まれた子達は村の子で、山留生の個人研究発会後の太鼓演奏に備えて集合し、時間まで外で遊んでいる最中でした。
子供達が噛まれた時、生憎大人は誰も見ていない状況だったので、何が起こったのか本当の事は分かりません・・・
男の子は右鼠径部を 女の子は右殿部の下を噛まれていました。  丁度同じような場所。 牙が深く入れば大怪我になったかも知れません。  狙ったのか 偶然か・・・
男の子も女の子も牙が入った訳ではなく、牙が当たっただけの傷で、取り合えずホッとしました。  けれど男の子のズボンは大きく裂け、女の子のお尻はボールが当たったように丸く大きくアザになっていました。
当たり前ですが、2人ともひどく動転し、ただオロオロと泣きじゃくるばかり・・・
傷が痛いというより、普段撫でている犬に突然噛まれた恐怖で震えていました。
男の子は突然噛まれたと言い、女の子は唸っていたと言っていました。
少なくとも、唸り声が聞こえた時点でリードが届かない場所に逃げていれば・・・

子供達がどうかこの事件で犬が嫌いになりませんように(祈)

子供達が噛まれた事が山留の父母に伝わると、実は昨晩3人の大人も噛まれていた事が分かりました。いずれも犬の側を通って、犬に背中を見せた時。
本噛みではなく、威嚇?なのでしょうか・・・噛まれたジャンバーが破けたり、出血したりといった事がなかったので、センター職員の方にも伝わっていなかったようです。

気の弱い仔が人を何人も噛んだので、センター職員のF先生がひどく動揺し、同じ犬飼いとして私と色々と話をしたのですが・・・
気が弱くて番犬にもならないのにどうしてとか、夏に脱走し3日程放浪した後骨折して(恐らく車に轢かれて)帰ってきた事が原因だろうかとか。。。
話をお聞きしていて驚いたのは、未避妊であるにも関わらずメス犬の発情周期をご存知なかった事。 骨折治療で入院中シーズンだったが、またシーズンが来て攻撃的になったのではないか と言われた時には、内心呆れました。 通常メス犬は年に2回しか発情しないと言うと、びっくりされて・・・
犬が自身で綺麗にしているとは言え、シーズンも把握しないような飼い方だという事。
未避妊という事は、妊娠の可能性もあるという事だし。
山奥で外飼いが普通、鹿狩りや猪狩りもまだ行われており、猟犬としてポインターを飼っているお宅もある。 都会で家族の一員として犬を飼う感覚からすれば驚くような飼い方ですが、其処ではそれが普通なのかもしれません。。。

それから、やはり犬を擬人化している事。
気の弱い優しい犬がどうして? と仰っていましたが、気が弱いだけの仔ではありません。昨年息子が山留中は、ヴィヴィの目の前でおやつをあげたり、その仔が見ている前でヴィヴィと遊んだり・・・それがいけなかったようで、お互いをライバル視してしまったらしくヴィヴィが側を通ると唸っていました。

どうしたら直るのか・・・ 何が原因か・・・ 避妊手術をしたら・・・ 躾けたら・・・
様々な事を聞かれて、分かる範囲ではお答えしましたが。
外飼いで、誰の犬かも曖昧な飼い方をしているその仔。 飼い方を根本的に変えるならともかく、今後絶対人を噛まないようにする方法等ある筈もなく・・・ 
その仔の未来の為にも、これ以上の被害者が出ない事を祈るしかありません。

大人しくても、気が弱くても 犬が一度その気になれば・・・
本気でなくても子供に危害を加えるなど簡単な事だという事を改めて思い知らされました。
我が家の犬達もしっかりとコントロールしていかなくては と気持ちを新たにさせられた事件でした。

« プレゼント♪ | トップページ | 一緒に♪ »

」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰いたしております。
コメントありがとうございました。
ヴィヴィママさんのブログを読んで、私のワンズに対する姿勢も見直さなくちゃいけないと感じました。
センターのワンコさんのように人を噛んだりはしていませんが、やはり、大人しくても、気が弱くても…ですよね。
しっかり、家の中で手をかけて、心を砕いて育ててあげなくてはと思いました。
彼らは正直です。愛情をかけてもらえば、必ず応えてくれるのだと思います。
私もヴィヴィママさんがアスラン君にかけている愛情に負けないくらいうちのじゃじゃ馬娘たちを愛してあげたいと思います。

わたしも読み逃げしてました~

なんだかそのワンコがかわいそうですね。犬を飼う意識の違い、すごく感じます。
しつける以前に、人間がしつけ方を学ばないと。

愛情を持って接してあげないと、やっぱりいずれは裏切られてしまうのでしょう。
なんだか、犬も子育ても同じモノがある気がします。。。。

前に一度記事に書かれていた時から気になってました。。。

そうですか。。。噛んでしまうんですね・・・
噛まれてしまった人や子ども達が重症でなくて
不幸中の幸いですが。。

深刻な状況ですね。。。

躾けられていなければ、気が弱いからこそ
攻撃に出てしまう事も充分考えられますよね。。。

ヴィヴィママさんの助言から学んで
少しでも状況が改善され
これ以上被害者が増えない事を祈ります・・・

あびエアさんへ
コメントありがとうございます♪
普通に痛い事は痛い! 楽しい事は楽しいと伝えていれば
簡単に人を噛むような犬にはならないと思ってはいるのですが・・・
ワイマもゴールデンも大きいので、牙がちょっと当たっても
痛いですし、子供ってやっぱり犬にとっては未知の生物って
部分がありますから、油断は禁物ですよね。

じゃじゃ馬慣らし・・・今は大変かもしれませんが、何時か笑顔で
暮らせるようになると信じて! 頑張って下さいね!!

sanaさんへ
そうなんです。私もセンターで飼われているその仔が可哀想で。。。
頭良いだろうな~って感じがするし、人を見てそうって感じもするし・・・
普通に可愛がって、いけない事は叱って 時々遊んであげたら
きっと素敵な仔になるのに って思ってしまいました。

人も犬も 子育てって本当に気持ちが大事ですよね!

Halleさんへ
そうなんですよね。。。躾けられていないからこそ、行動が予測できなくて・・・
きっとその仔にとって少し前に人間が原因の不愉快な(怖い)事があったんだろうと思うのです。そして何気ない子供達の遊びの中か、撫でようとした行動に、きっと些細な原因もあったんじゃないかと思うのですが・・・
大人が噛まれた時、その仔が何を思って噛んできたかに即座に気付いて対処出来ていたら、或いは子供達が噛まれるのは防げたのかもと思ったりもするのですが。。。
噛まれた人たちは、犬飼いの経験の無い人達ばかりで・・・
私が挨拶した時には、以前と変わらず最初からお腹を見せていたので今回の事件には驚いてしまいました。
ちゃんと人を見ているのだから、大人が変われば変われるとは思うのですが・・・難しいですよね。

本当にこれ以上被害者が出ない事を祈るばかりです。

こんばんは。

最初に画像を見た時、「えっ?ウチのラブ!?」、なんて思っちゃいました。
なんだか、すごい似てて・・・。

噛んじゃったんですか。
状況は分かりませんが、何かしらの原因があったんでしょうね。
犬を飼った事の無い人たちは、意外と油断して手を出したりしますよね。
散歩の時に、たまに手を出してくる人がいたりして、ドキッとすることがあります。
我が家では、子供たちに知らない犬には、飼い主の許可無しには絶対に手を出してはいけないと言ってあります。

飼い方や躾云々ばかりで無く、不用意に近づいた事も原因となりうる事もあるのではないかと、私的には考えますが。

今回の件で人が遠ざかってしまうのではなく、これからゆっくりと人が接する機会を増やし、仲良く出来る子にしてあげられる事を願います。

めぐめぐさんへ
ラブちゃんに似ているのですね。実際は柴サイズでハスキーの血が入っているらしいのですが、和犬の雑種に見えます。

噛まれた大人は皆犬を飼って居ない方なので、めぐめぐさんが仰るように何かしらの些細な原因があったのだと思います。
子供達は、存在自体が犬にとって恐怖になる場合もあるので・・・
何とも言えませんが。
子供がむやみに知らない犬を触らないように教えるのは お互いのためにもとても大事な事だと思います(息子にも常々言っています)。

めぐめぐさんが仰るように、犬を知る大人が見ている時に、この仔の矯正が出来ると良いのですが・・・田舎の放し飼いに近い状態なので難しいかもしれません。 もう一度 何かが起こったら この仔は住処を変えなくてはならないかもしれないので、二度と同じ事が起こらないのを祈るばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレゼント♪ | トップページ | 一緒に♪ »