2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 再び G’s g♪ | トップページ | クリスマスプレゼント »

ちょっと複雑な気分です・・・

ちょっと複雑な気分です・・・
私は健康な大型犬を二頭飼っていますので、供血(犬の輸血用血液の採血)に協力しています。
犬の輸血をネットで始めて知った時には、輸血行為が治療に有効かどうか等様々な疑問が沸きました。
暫くは、自分なりに調べたり、研究熱心な犬友に聞いたりして、納得した上で協力しています。

けれど・・・輸血した犬の救命率は決して高くはありません。
私が知る限り、輸血によって回復した犬はごく僅か・・・
けれど僅かでも助かる仔がいるのなら・・・助けたいという求めに応じようと決めて 年に何回か協力しています。
最初は、本当に無償でもと思っていましたが、私が協力している「供血の輪」から届くメールには、行って行けない事はないけれど・・・という遠方からの協力依頼もあります。 供血犬が足りませんと度々協力の依頼がある事も。

それに・・・供血は極力こちらの都合に合わせて下さる事にはなっていますが、子供が居る私にとっては、かなり厳しい時間指定もあって、学校から帰ってくる子供との約束や夕食のやりくりなど、大変な事もあります。
何回か供血に協力し
、自分也に考えて 私は交通費の負担と採血した際の犬へのご褒美として千円程(と輸液補給)のご負担をお願いする事に決めました。その代わり出来る限りの協力をしようと。。。

けれど・・・私への支払いはこれだけですが、輸血希望の方は、採取した血液の血液検査・クロスマッチテストが最低でも必要です。
しかも必要な血液量が多ければ 供血協力犬の頭数分の支払いが必要です。一頭からだけでOKというケースは殆どありません。
何回も何ccも必要な事が殆ど・・・
難しい病気を抱え、愛犬への出費に加えての追加負担です。決して安くはない出費です。

喉から手が出るほど血が欲しい という訴えがあります。協力者が足りないという訴えもあります。そんな方には、有償でも血が手に入るのはありがたい事なのかもしれません・・・
私の犬から血を貰う事の対価と変わらないのかもしれません(ここでもお礼ですと書いてありますし)・・・
けれど・・・これを読んで 私は 何となく それは違うのでは と感じてしまいました。

供血の輪での呼びかけを見て、もっと近くで採血出来ればと思う事があります。。。
多くの獣医さんが協力し大きな取り組みとして、最寄の獣医で血液採取が可能になって、輸血用血液の保存・流通が確立したら・・・
それに必要なコストが明示されれば・・・
それを対価として支払う事に抵抗を感じる方は少ないのではと思うのですが。
何時の日にか そんなシステムが確立して、輸血用の血液確保に飼い主が翻弄されない日が来ますように。

« 再び G’s g♪ | トップページ | クリスマスプレゼント »

」カテゴリの記事

コメント

私も供血の輪のメールを受け取ってはいますが
まだ一度も協力したことはありません。
ハルも1歳をすぎたので、これからきっとそんな機会も出来てくると思うのですが。。。

ネットで調べるだけではよく分からない事がたくさんあって・・

今度お会いした時、色々と教えて下さいね!

供血・・・犬連れで見知らぬ場所に行って、クロスマッチの結果が出るまで2~3時間も待たなくてはならないし、結構大変です。
少し遠いとホント一日がかりになっちゃいますし。。。

詳しい事はお会いした時にお話しますが、りんりんちゃんがもう少し大きくなるまでは、近場以外は難しいかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再び G’s g♪ | トップページ | クリスマスプレゼント »