2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« で~きた♪ | トップページ | 厄年ではないのに・・・ »

祝 10歳

032101 息子が 本日 無事10歳になりました♪
10年前 実家近くの病院で 夜明けと共に産み落とした小さな命

今 反抗期真っ只中です

風邪を引いては、真っ赤な顔をして ひたすら私を見つめていた頃が懐かしかったり(笑)
少しの熱ではびくともしなくなったキズラを放置しても良くなって 随分楽になったと思ったり(苦笑)

口げんか・・・日々 激しさを増し、反撃してくるその言葉に 驚くほどの説得力を感じて内心舌を巻いたり・・・

二十歳 成人までの折り返し点まで来たのだと思うと、ホッとすると共に 一抹の寂しさを感じたり・・・

これからも 色々な事が起こるでしょう
時に迷い 時に悲しみ 時に喜びながらも 日々を大切に!
自分の中の正義 と 想い を大切に
1人でしっかりと大地を踏みしめる そんな大人に成長しますように(祈) 
  

« で~きた♪ | トップページ | 厄年ではないのに・・・ »

子供」カテゴリの記事

コメント

親の思いはどこも同じですね。
わが娘も16歳。両手を挙げて抱っこをねだっていた頃が懐かしいheart
今じゃ、ひたすら携帯電話でメールをすることに時間を使い、仕事が終わって疲れて帰った母の手伝いすらしない、ひどい娘だsad
今のところ、その心を癒してくれているのは我儘放題、暴れ放題のワイマ姉妹dog
それでも母はこの人間の娘にしっかりと一人で生きていける、人を思いやれる、そんな強く優しい女性になってもらえることを願っています。

10歳の少年は、自我の発達の時期ですね!それも大人になるプロセスです・・・・。
我が家では、子育ても受験の苦労も終わり、今は、夫婦二人の生活となりました。
だから、子供の苦労は、みな懐かしい思いです。いいことも、悪いことも・・・・!
たとえば、長男の場合は、アメリカの大学在学中、ラクビーで骨折しました。国際電話で、手術の了解の電話が、職場にかかってきたときは、あわてました。
相手の看護婦さんが、早口の英語なので、最初は、うまく聞き取れず、おおいにあせりました。
でも、その息子も、現在、日本の大手ビール会社に、真面目に勤務しています。
その時その時に、真剣に悩むのが両親ですが、それも、すべて素晴らしい思い出に代わるものです・・・!
ヴィヴィママさんの場合、ヴィヴィアンとアスランのいる暖かい家庭に暮らし、自立していくご子息は幸せですね!
これからの時代は、人々の関心が、“モノ”から“こと”に移ると言われております。大いに、よい思い出を作ってください。


ご子息のお誕生日、おめでとうございます。

我が家の長女は今年12歳。
反抗期?もあったり…今も嫁とぶつかってみたりと随分生意気になってきました。
その生意気さが、時折可愛くもあったりするのですけどね。

尤も、娘の成長は父親としては、年々寂しさ倍増してくるわけですけど(汗)

自身に対し、自信の持てる、そんな大人になってくれれば私は嬉しいです。


でも、“息子”が欲しかったなぁ(寂)

あびエアさんへ

コメントのお返事遅くなりまして、大変申し訳ありませんでした。

お嬢さん16歳になられたのですね。
16歳 高1かぁ~ その頃の私を思い出すと、
まともに親と口きいていませんでした(とんだ不良娘でした)。
親の心子知らずとは良く言ったものですよね。
その年にならなければ・・・同じように子供が出来なければ
分からない事も沢山ありますよね。

あびエアさんのブログから伝わってくる雰囲気なら大丈夫! 
きっとそのうち何気ない けれど嬉しい一言を
言ってくれる 大事なものはきちんと持っている
ステキなお嬢さんだと思います♪

Natsu Papaさんへ
大変ご無沙汰になってしまいまして申し訳ありません。。。

「これからの時代は、人々の関心が”モノ”から”こと”に移ると
言われております。大いに、よい思い出を作ってください。」

とのお言葉ありがとうございます。
本気で喧嘩し、言いすぎた~と反省して、ゆっくりと仲直りしたり・・・
冗談を言い合いながらコロコロと笑ったり・・・
日々のハプニングに全力投球という感じの毎日を過ごしています。子供相手に全力というのも大人気ない気もするのですが、
それも一つの子育て法と思い、成長に伴い変化する息子を
楽しみながら 日々過ごしています。

まだまだ 楽しい思い出とは言えない、現在進行形の
子育てではありますが、悪と正義の線引きだけは
間違えずに 共に成長していきたいと思っています。

めぐめぐさんへ
大変ご無沙汰になってしまいまして申し訳ありません。。。

めぐめぐさんのお嬢さんは12歳になられたのですね。
これから難しい、けれど宝石のようにキラキラと輝きを増していくステキなお年頃ですね。 パパはそんなお嬢さんの成長を黙って指をくわえて見守るしかないのでしょうが。。。

「自身に対し、自信の持てる大人」素晴らしい目標です。
奥様と一緒に、頑張って子育て楽しんで下さい。 

めぐめぐさんは男の子が欲しかったのですね。
私はやっぱり女の子も欲しかったのです。。。
授かる子供は希望通りという訳にはお互いいかなかったようですが、それでも自分の血を分けた子である事には変わりはないし、子供の過ちは親の責任でもありますし。。。
無事に成人するまで、自覚ある大人になるように、子育て頑張りましょうね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« で~きた♪ | トップページ | 厄年ではないのに・・・ »