2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

秋植えの花

ほったらかしの庭も ようやく朝息子を送り出してから30分程

手入れする時間が持てるようになってきました。

夏 義父が他界し 庭の草取りどころじゃなくて

空き家? と間違えるほど 雑草が生い茂っちゃったのも

ようやく綺麗にして

秋の花を幾つか買ってきました。

肥料も買ったので、枯らさないうちに(汗) 庭に植えないとね。

101101

右から 矮性ナデシコ オリビアホワイトとレッドアイ

ピンクのお花は・・・忘れた(今度お店に行った時確認しないと)

その奥のシルバーリーフはエレモフィラニベア

アメジストセージ(大株になるので何処に植えよう・・・)

黄色い花はウインターコスモス

一番左の小さいのがクリスマスローズ へレボルス・ニガー

全部ちゃんと育ちますように

少しずつ

ヴィヴィの事ばかりだけど(苦笑)

6年間ずっと元気だったヴィヴィにとっては大病だから

しかたない。

今後の参考にもなるし。

今朝からは、約3時間毎にパピー用離乳食(缶詰)半分。

水分補給は約1時間毎に100cc。

食後時々ハァハァと息が荒い。

吐き戻し感が残ってる様子だが、嘔吐には至らず(ホッ)。

食後1時間程度で、排尿・排便(といっても血便だけど・・・)。

腸のダメージは回復までに時間がかかるらしいし

目力は戻ってきてる(と思う)。

今日はこのままのペースだと 

3時間毎の食事で約2缶を消費予定かな。

若い時のように、ちょっと下痢しても

みるみる復活! なんて訳にはいかないようだし、

原因不明だけど、ヴィヴィにとってダメージが

大きい何かがきっかけだから ゆっくりとしか

元気にはなれないんだろうけど

頑張れ~ ヴィヴィ

点滴

月曜夜 ヴィヴィアン 点滴してもらってきました。

金曜夜からの激しい嘔吐はおさまったものの

未だ水分補給を自由にさせる程には回復していないようだし

食欲はあるものの ドックフードは口にせず

土曜夜に買った高栄養の缶詰は、

今のヴィヴィにはヘビーのようで

あっというまに下痢しちゃったし。

日曜からあげはじめたヤギミルクは

美味しそうに飲み干すので

濃度を徐々にあげていってはいるものの

回復したいという体の要求に応えられるだけの

カロリーは賄えないだろうし。

またまたストックを漁ったら

離乳期用のパピー缶(消費期限8月)

なんていう 今使うっきゃないでしょう という

品物が出てきたので、

少しずつあげたら

今度は良い感じにはなってきたけど

やはり 小匙2~3杯程度の摂取後

1~2時間で下痢する状態は続いているし

(これで恐らく腸閉塞の可能性はなくなって

それはそれで一安心だけど)

目力が戻ってはきているものの

体がついてこないようで

朝のうちは、もうハウスしたくないワンと

アピールする事もあったのに

午後からは、ヘロヘロで

ベランダでピーした後は、

すんなりハウス直行 という状態

時間はかかるだろうけど

このままでも多分徐々には回復していくだろうけど

水曜の昼 数時間お留守番してもらわなきゃ

いけない用事があって

火曜は経過観察というか

もう少し元気になってもらってなきゃ

私も心配。。。

という訳で、夜ヴィヴィを連れて病院へ。

今度の先生とは、症状を伝えてからの

会話もスムーズ。

念のため血液検査と言われたのも

すんなり納得。

検査結果には特に異常はなくて ホッ

やや脱水気味なので 先生とも

点滴しましょ って意見が一致したし。

ビタミン剤と下痢止めも一緒に点滴して

もらったので、明日はもう少し元気に

なるかな。

頑張れ ヴィヴィ♪

不調・・・

ヴィヴィアン 調子悪いです。。。

ヴィヴィと暮らし始めて6年

こんなに調子の悪いのは初めて

金曜の夜 夕食前に突然何回か嘔吐

吐いたものは すっかり消化されてしまった

水分の多いドロドロ状のもの(固形物はなし)。

暫く様子を診ていたら落ち着いたので夕食をあげてみたものの

いらないって。

水を飲んで暫くしたら、また嘔吐。。。

夜間吐くかもしれないので、ハウスに

土曜の朝確認してみると ハウス内で何回か嘔吐しているよう。

朝水をあげたら、暫くしてまた吐く。

夏バテ? かな。

土曜午後 息子と私が車で外出予定だった事もあり

午前中病院へ。

触診の結果、大きな詰まり(腸閉塞)はなさそうとの事で

先ずは一安心。

レントゲンを勧められたけれど・・・

う~ん いきなりレントゲン?

24時間の病院で、先生も大勢いて

万日の時を考えて選んだけれど

いかんせん 人の入れ替わりが激しく

診てもらった先生も初めての方。

時間もないので、便検査だけしてもらって

容体によって再診という事にして帰宅。

息子が学校から帰宅し、さぁ出かけよう!

としたら、一緒に行く筈のお友達が2人とも

行けなくなっちゃって・・・

(家に居なさいっていう事かしらね)

ヴィヴィの事があるので、外出自体取りやめ。

脱水が心配なので、イオン飲料をあげてみたけど

いらない お水が良いわって(トホホ・・・)

水は欲しがるものの、飲むと吐くので

脱水が心配、腸閉塞の心配もまだあるし。

ちょっとずつなら吐かないので、少しずつ水分補給。

土曜夜もまたハウス。

日曜は朝から1時間毎に水分補給。

ワンズのストックを漁ってみたら

ヤギミルクが出てきた・・・

消費期限切れだけど、開封してみると

まだ大丈夫そう(さすが高級品)。

1時間ごとの水分補給をヤギミルクに変更

美味しいらしく ドンドン飲む♪

目に少し精気も戻ってきているよう。

吐き戻しがはないものの、

何時ものドライフードは食べないので、

ペットショップでヒルズの特別栄養食(缶詰)購入。

夜 ほんの一匙与えてみると、ウマウマのようで

あっという間に完食!

3回ほど与え、その都度完食。

ハウスでおとなしくしているので、

さて私も寝ようとしたら、

訴えかける眼差しが・・・

出してみると、散歩に行くらしい。

深夜のお散歩 何時ものトイレ場所に向かって

一直線のヴィヴィしゃん

案の定 酷い下痢便でした(涙)。

腸閉塞ではなさそうとホッとしたものの

栄養摂取出来ない状態という事でもあるので

まだまだ予断を許さない。

月曜早朝もおトイレって騒ぐヴィヴィしゃんに

叩き起こされると、また水便。

3回ほど水便だったので、

ヒルズの高栄養食は一旦中止して

白米と鶏挽肉を炒ったものを2時間毎に少しずつ。

今のところ、おトイレの催促はないので

このまま 胃が受け付けてくれると良いんだけど。。。

必要最低限の水分しか取れていない状態だろうから、

今後症状が改善されないようなら

病院で点滴してもらった方が良いのかも。

今日、風邪引いたみたいと主人も休んで

寝ているし、

何だか病人ばかりの我が家です(苦笑)。

ヴィヴィ早く良くなりますように(祈)。

お誕生日プレゼントといえば

気づけば お誕生月ではなくなっちゃっいましたが・・・

今日、ようやく重い腰を上げ(苦笑)
あっちゃんにお誕生日プレゼントをあげに行ってきました♪

・・・ と言っても
お腹が弱いアスランには、生肉とか お芋ケーキとかは厳禁
ワンズにとってはあんまり嬉しくないプレゼントかしら?
でも 大切な事だから 我慢してね。

うふふ~ そう! お注射ですのよ hospital
アスランが生まれた11月は2頭揃って予防注射
ヴィヴィアンが生まれた5月は狂犬病と決めています。

あっ それとお誕生日の方は血液検査も。

別の日に一頭ずつ連れて行こうかとも思ったのですが・・・
めんどく ・・・ あいゃ 
やはりこうゆうのは一緒の方が良いかしらと思い直し

たっぷり運動して疲れてもらって
お昼の空いてる時間を狙って連れて行ったのですが・・・
1時間半程かかってしまいました。

多少 嫌がって帰りましょうよ dash  
とかなったものの、まぁ 想定内だったワンズですが、
やはり大型犬なので、急に動かないようにとか
具合が悪そうなワンちゃん ネコちゃんに挨拶しないようにとか

診察台に上がったアスランが逃亡図らないように注意しながら
下で待つヴィヴィも落ち着かせ ・・・
先生にお願いする あれと これと 
忘れないようにしなきゃ angry とかとか


120201_3予防注射の他にも 
血液検査や触診などもあり
1時間半の通院が終わったら、
ワンズも母もいささかぐったり  

お会計も 3万○○円 
覚悟はしていたものの
お財布も moneybag アタター でしたが 

大事な事だし、元気が何よりだものね

ベランダにて 二頭揃って

**********

ヴィヴィアン 体重27.4Kg
予防注射 デュラミューン8
耳掃除(内耳炎のため)

アスラン 体重28kg
予防注射 デュラミューン8
マイクロチップ挿入

それと二頭揃って今年最後のフィラリア予防薬

ヴィヴィ 体重が少し減りました。
フードはかなり前から、ほぼ同じカロリーのものを
ローテーションで同じ量与えています。
が・・・見た感じ少し細くなったようなので、
一か月ほど前から一回5g増量していたのですが、
消化吸収が多少悪くなったという事でしょうか。

触診では問題なしとの事なので、これ以上の増量はせず
様子を見る事にします。

少し前から耳がカユカユで・・・
こまめに洗えば直るかしらと週に何回も洗っていたのですが
(アスランも日に何度もぺろぺろ舐めてくれて もしかして綺麗好き?)
グチュグチュしてきちゃったのでそれのケアも。

アスラン 体重が増えヴィヴィをちょっぴり追い抜きました 
ビックリ good

痩せの大食いで ちっとも太れないあっちゃんでしたが・・・
ヴィヴィのフードを微増したタイミングで
缶詰トッピングも始めたのが良かったのかしら? 

もうちょっと腰回りにお肉が欲しいところと
思っていた母としては こちらは嬉しいサプライズ

それから ・・・ 
やっとアスランにもマイクロチップを入れました ホッ

迷子になる確率は、ワイマラナーという犬種の特徴からして、
アスランの方が断然高いので
早く入れなきゃと思ってはいたのですが・・・

何となく、今まで病院に連れていく時少し体調面が心配だったりで
今まで チップを入れられませんでした。
これで ようやく安心です。

犬種の特徴からすれば 断然アスランの方が心配とは書きましたが・・・
実はあっちゃん ヴィヴィしゃんのストーカーです。
遠出した時、どちらかと言うと 
どんどん冒険しちゃうのはヴィヴィアンの方。 
アスランは、ある距離以上離れると
ヴィヴィと私たちの間をワホワホ往復するだけになるので
あまり心配はしていないのですが。

ただ 万一迷子になったら ・・・
見知らぬ土地で保護されたら 等と考えると
マイクロチップを入れてあるというのは、
安心材料ではあります。

アスランのチップ番号を携帯に登録
(電話番号としてチップ番号入力出来ます)して

これで二頭とも
何処に行っても我が家の犬だと証明出来るようになりました scissors